産後ダイエット 成功の秘訣

HOME
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問合わせ

産後太り

産後の体質変化

産後に体質が変わる原因は、妊娠・出産という、それぞれの場面を助けるホルモンの分泌によるところが大きいと考えられます。妊娠中、母体の体質は赤ちゃんを育むために、大きな体質変化が起こります。

産後もしばらくは、リバウンドが出たり、脱毛が増える、肌の調子が悪くなるなどといったことが起こります。これは、授乳時期にプロラクチンというホルモンの分泌が増えるため、女性ホルモンであるエストロゲンの効果が下がってしまうことによるものです。

そのほか、通常よりも新陳代謝が活発になっているために、汗をかきやすく、その影響でかゆみ湿疹などの症状も出ます。 また、妊娠、出産、授乳によって引き起こされる、カルシウムとマグネシウムの低下には注意が必要です。

この変化が、筋肉を過剰に緊張・収縮させ、スムーズな身体動作がが困難になります。これに加え、授乳中の栄養面にはいつも以上に気をつける必要があります。授乳により、母乳に栄養が摂られてしまい、歯が抜けたり、白髪になったりなどのトラブルが起こらないように、栄養不足にならないように気にしておくことが大切です。

これらの体に起こる変化は一時的なもので、時間が経てば、もとに戻っていき、産後6カ月以上経つと、おさまるのが一般的です。 しかし、出産後の母親は育児の忙しさもあり、睡眠不足になりがちです。睡眠不足によって体力が不足したり、ストレスが増えることを避け、日々の生活の中で無理のない、赤ちゃんと母親にベストな状況で過ごすことが妊娠、出産後の体の回復への1番の近道となります。

産後ダイエットの基本
産後ダイエットの種類
産後ダイエット
骨盤の歪み
産後の体(体質変化)
産後太り
Copyright (C) 産後ダイエット 成功の秘訣 All Rights Reserved