産後ダイエット 成功の秘訣

HOME
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問合わせ

産後太り

食生活の乱れ

食生活面での産後太りの原因は、食材・食事メニューのバランスの悪さと、食べる量の多さです。

妊娠初期は、つわりでほとんど食べることができませんが、その後、お腹が大きくなる頃にはつわりもおさまり、それに伴って、食欲も出てきます。妊娠中期はお腹が空くため食べ過ぎに注意が必要です。

よく妊娠中には、お腹の赤ちゃんの分まで栄養を摂るために、しっかり食べないといけないと言われますが、それは間違いです。たとえ、妊娠中であっても、二人分も食べる必要はなく、小さな赤ちゃんの分を考えると、二人分というのは食べ過ぎになります。

こうして、二人分も食べてしまうことは、明らかにカロリーオーバーであり、体重増加や塩分の摂り過ぎにつながってしまいます。さらに、塩分の摂り過ぎという点からいきますと、むくみが出やすい後期には特に注意が必要となります。

妊娠中、そして出産後も、母子ともに健康であるために、また産後のダイエットをスムーズに行うために、食事内容や量に気を配ることが必要で、妊娠・出産に際して、ホルモン分泌の関係もあり、普段とは違い、甘いものを強烈に欲したり、とてもお腹が減ったりなどといったことも起こりますが、メニューや調理方法なども、糖分や脂分を減らすように工夫し、カロリー控えめで、満腹感のある食事などを心掛けるようにしましょう。その時のメニューとして、この時期に必要な栄養とされる「葉酸」「ビタミンB群」「鉄分」などが入った食材を選ぶとなお良いでしょう。

産後ダイエットの基本
産後ダイエットの種類
産後ダイエット
骨盤の歪み
産後の体(体質変化)
産後太り
Copyright (C) 産後ダイエット 成功の秘訣 All Rights Reserved