産後ダイエット 成功の秘訣

HOME
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問合わせ

産後太り

妊娠中の注意点

妊娠中は、さまざまなホルモンの働きが起こります。それによって、食欲の倍増や、栄養を蓄えるために、脂肪がつきやすい体質に変わります。さらに、妊娠による体型の変化と、子供を守るため、運動量も減ります。

そのため、妊娠中に太ってしまうのは当然なのですが、体重が増えすぎると、妊娠中毒症になたり、産道の周りに脂肪がつくことで、出産が大変になったなどといったトラブルが発生してしまいます。 健康な妊娠生活を送るため、そして出産後、産後太りに悩まされないために、大切ことの1つは、妊娠中に太り過ぎないことです。そのために、自身で「食生活」と「体重管理」をしておく必要があります。

まず、食生活の面で大切なことはバランスです。食事のバランスを重視することは、妊娠中毒症などのトラブルを回避するだけでなく、体重管理の役割も果たします。妊娠中は、通常のプラス150kcal~350kcalのエネルギーが余分に必要です。この時期は赤ちゃんの体を作ることと、母体の健康、この両方にとって必要不可欠な栄養です。ですから、バランスのいい食事を1日3食、規則正しくという基本が何より大切になります。

また、妊娠中の体重は赤ちゃんの成長とともに増えていくのですが、ある一定の範囲を超えないように管理しておく必要があります。1週間に500g以上体重が増えた場合には医師への相談が必要です。

妊娠中の体重増加は10kg以内に抑えましょう。妊娠中の体重増加は7~8kgにとどまるように管理しましょう。そのためにも、毎日きちんと体重を測り、自分自身で健康管理を行うことが重要です。

産後ダイエットの基本
産後ダイエットの種類
産後ダイエット
骨盤の歪み
産後の体(体質変化)
産後太り
Copyright (C) 産後ダイエット 成功の秘訣 All Rights Reserved