産後ダイエット 成功の秘訣

HOME
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問合わせ

産後の体(体質変化)

産後のお腹

胎児が成長するのに伴って、母体の骨盤も開いたり、歪んだりします。出産が近づくと、ホルモンが影響して子宮口や靭帯が柔らかくなり、関節が緩みます。そして、これによってさらなる骨盤の歪みが発生します。

また、妊娠中は、大きなお腹になっているため、姿勢が悪くなります。それによって、腰周辺の筋力が弱くなり、代謝も悪くなっています。その結果、脂肪が燃焼されにくく、さらなるぽっこりと出たお腹を引き起こしてしまうということが起こります。

骨盤のゆがみが原因でおこる、ぽっこりと出たお腹の改善策は大腰筋です。大腰筋とは、背骨と骨盤の上を通って股関節の大腿骨の付け根をつなぐ筋肉のことで、お腹側にあり、体の表面にある筋肉ではなく、インナーマッスルの1つです。太ももを上げるなど、股関節を屈曲させたり、背骨の自然なS字の湾曲を支え、お尻の筋肉を引き上げるなどして、骨盤の位置を正常に保つ役割を持っています。

そのため、この筋力が弱くなると、正しい姿勢がとりにくくなり、体は骨盤の正しい状態を保つことができなくなります。すると、骨盤が開いたり、歪んだりした状態になり、その骨盤に押された内臓が下に落ちこみ、下腹部がぽっこりと突き出たようになってしまうため、大腰筋の筋力を鍛えて強くし、骨盤を矯正することが、解消法となるのです。

ほかにも、お腹にできやすい妊娠線も、妊娠中に妊娠線対策用のクリームを塗るなどして日々防いでおくことが必要です。

産後ダイエットの基本
産後ダイエットの種類
産後ダイエット
骨盤の歪み
産後の体(体質変化)
産後太り
Copyright (C) 産後ダイエット 成功の秘訣 All Rights Reserved