産後ダイエット 成功の秘訣

HOME
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問合わせ

産後ダイエットの種類

骨盤ベルト

産後1カ月くらいすると、悪露がかなり収まり、少しずつ運動を行うことができる体になってきます。では、1カ月頃までは何もしなくていいのかというと、産後に体を元に戻すためには、早めに対策を行っておくことが大切です。しかし、まだまだ体力も回復していない状態で、激しい運動をするわけにもいかない。そのような時に役に立つのが、骨盤ベルトなのです。

骨盤ベルトは、腰に巻くコルセットより簡単な作りで、帯状のゴムや、伸縮性の素材でできており、足の付け根あたりに巻いて使います。骨盤ベルトの持つ伸縮性が、妊娠・出産による緩みからくる、骨盤の変形や広がりを締めつけ、正しい形に矯正します。

骨盤を矯正するものには、ほかに、骨盤コルセットや骨盤ニッパーなどもありますが、これらは、骨盤ベルトよりも、締めつけがきつく、血流が悪くなる心配がありますので、ベルトを使うことをおすすめします。

また、装着する位置が高いため、まだ元の大きさに戻っていない子宮を圧迫し、子宮脱の原因にもなり兼ねます。また、骨盤ベルトも使い過ぎると、ベルトなしでは骨盤の形状を保てなくなる恐れがありますので、使い過ぎにも注意が必要です。

また、妊娠中から産後まで女性を悩ませる腰痛は、その体型変化や出産時の負担などによる、腰の筋肉の緊張や、筋力の低下、骨盤の歪みがそれぞれの症状を相互に助長させることによって生じます。そのため、産後には骨盤ベルトによって骨盤の歪みを矯正しつつ、 筋肉の緊張を和らげるストレッチ、筋力トレーニングを並行して行うことで、体に負担が少なく、よりスムーズにダイエット効果を出すことができるでしょう。

産後ダイエットの基本
産後ダイエットの種類
産後ダイエット
骨盤の歪み
産後の体(体質変化)
産後太り
Copyright (C) 産後ダイエット 成功の秘訣 All Rights Reserved