産後ダイエット 成功の秘訣

HOME
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問合わせ

骨盤の歪み

骨盤と股関節

お腹の中の赤ちゃんの成長に伴い、股関節痛にも悩まされます。股関節痛は、子宮が骨盤を圧迫することにより感じるもので、妊娠時の分泌ホルモン、リラキシンの働きで、骨盤が拡がることと連動して起こります。症状としては、足の付け根の痛みや違和感を感じるなどといったことです。

特に、赤ちゃんが大きくなり、子宮頸管が緩み、赤ちゃんが下がり始めると、より強く痛みを感じます。体を動かさないとかえって痛みが増すこともあるので、できる範囲で適度な運動を行うことが大切です。その際には、お腹に負担が掛からない程度のストレッチやマッサージなどが良いでしょう。ほかにも、バランスの良い食事、特にカルシウムを多めに摂ることも症状を和らげる要因となります。

また、通常、産後は自然と元通りになるのですが、自然に戻らないケースもあります。ひどい場合だと、全く力が入らないなどといった状況になる人もいます。このような状況で、 運動がしづらい場合には、体を支え、股関節への負担を和らげ、骨盤を正しい位置に直してくれる骨盤ベルトというものもあります。

骨盤ベルトを付けることにより、お腹が支えられ、腰にかかる負担が左右均等になるため、痛さが和らぎます。骨盤ベルトをしても、不調が一向によくならない場合には医師への相談が必要です。

出産直後の骨盤はかなり不安定な状態であるため、骨盤ベルトで体を安定させながら、回復の様子を見て、軽めの運動を行っていくとよいでしょう。その後、半年もすると、リラキシンの分泌もおさまり、骨盤も安定してきますので、しっかりと体幹を鍛える運動へと切り換えることにより、産後の体型の崩れや産後太りを回避できます。

産後ダイエットの基本
産後ダイエットの種類
産後ダイエット
骨盤の歪み
産後の体(体質変化)
産後太り
Copyright (C) 産後ダイエット 成功の秘訣 All Rights Reserved