産後ダイエット 成功の秘訣

HOME
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問合わせ

骨盤の歪み

骨盤の正しい形

骨盤は体の多くの部分の骨と繋がっています。私たちが普段よく耳にする箇所で例を挙げると、背骨、股関節、大腿骨などです。このような体の中心を担うたくさんの骨との繋がりだけ見ても、骨盤の役割の重要性は容易に想像できます。

通常、起きている時、つまり動いている時には締まっており、寝ている時などのリラックスした状態では開いているというのが、健康な骨盤の状態です。

そして、健康な状態の骨盤ならば、仙骨を中心に逆三角形になっています。しかし、妊娠中の体型変化などにより、姿勢が悪くなると、通常骨盤を支える役割を担う腹筋、背骨、お尻の筋肉などが緩み、骨盤が台形に変化してしまいます。こうなってしまうと、これを発端に体のあちこちにさまざまな影響が出てきてしまいます。

まず、お尻は丸みがない状態で、広く大きな形になり、スムーズに流れなくなってしまった老廃物が、太ももに溜まることで太くなります。当然、内臓を支えるものも無くなってしまいますので、垂れ下がり、これに伴い下腹がぽっこりと出た状態が起こり、妊娠・出産を経たあとに、多くの人が悩むことになる典型的な体型になってしまいます。さらに、見た目だけでなく、便秘などの症状も起こります。

このようなトラブルを避けるためには、正しい姿勢を心掛け、健康で正しい骨盤の状態を保っておく必要があります。出産後は、妊娠中のお腹を突き出した姿勢からは一転して、意識的に顎を引き、背筋を伸ばして、お腹を引っ込めた、正しい姿勢で過ごし、妊娠中の姿勢の悪さによって、歪んでしまった骨盤を正すようにしましょう。

産後ダイエットの基本
産後ダイエットの種類
産後ダイエット
骨盤の歪み
産後の体(体質変化)
産後太り
Copyright (C) 産後ダイエット 成功の秘訣 All Rights Reserved