産後ダイエット 成功の秘訣

HOME
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問合わせ

骨盤の歪み

骨盤の歪みの原因

女性の骨盤は出産を前提としたつくりになっており、男性よりも、やや低いところに位置しています。そしてこの骨盤が出産によって開くことが歪みの発端です。普段でも開閉を行っている骨盤ですが、妊娠によってリラキシンというホルモンが分泌されることによって、可動域の限界まで拡がるようになります。こうして、赤ちゃんの成長とともに、大きくなる子宮を支えているのです。

そして、出産が近付くにつれて、開閉幅も大きくなり、スムーズに出産できるように、出産時には1番開くようになっています。そしてこの一連の骨盤の開閉活動により、産後太りだけでなく、尿漏れや痔など、さまざまな体の不調に結びつくことがあります。妊娠中、最も多い不調は腰痛ですが、これも骨盤の開きが原因となり、筋肉のバランスが崩れてしまうために起こるものです。

大きく開いた骨盤は妊娠、出産を終え、一般的に1カ月半~2カ月の産褥期を過ごす間に、 少しずつ妊娠前の状態に戻っていきます。しかしこの時、妊娠中に骨盤ケアを行っていたかどうかによって、後の骨盤の戻りに差が出てしまいます。

どうしても、妊娠中の母体は、お腹の中の赤ちゃんのことを気にするため、また、大きく変化する体の負担によって、運動量が減ってしまっています。これによって、骨盤周辺の筋肉量もかなり減少しており、骨盤の緩みや拡がりによる歪みを助長することになります。

妊娠中にも、軽いストレッチを行ったり、姿勢に気をつけるなど身近なところから、注意しておくことが大切です。

産後ダイエットの基本
産後ダイエットの種類
産後ダイエット
骨盤の歪み
産後の体(体質変化)
産後太り
Copyright (C) 産後ダイエット 成功の秘訣 All Rights Reserved