産後ダイエット 成功の秘訣

HOME
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問合わせ

骨盤の歪み

正しい姿勢で骨盤矯正

産後ダイエットで1番身近で、自身で気を付けさえすればすぐできるのが、正しい姿勢です。妊娠中は、その体型からどうしてもお腹を突き出して歩いたり、逆に前かがみになったりといった姿勢になりがちで、骨盤が歪んでしまいます。

骨盤の歪みによって、体内のあちこちに不自然な圧迫がかかります。それによって、血流や、体内の老廃物を運び出す役割を持つリンパの流れが悪くなり、新陳代謝が低下することで、脂肪が蓄積しやすい状態を引き起こします。そのため、産後ダイエットを始める前には、1番はじめに、姿勢に注意し、骨盤の歪みを矯正することが先決です。

背筋を伸ばし、耳、肩、くるぶしといった体の後ろにある各部分が一直線に並んだ状態が完璧な正しい姿勢ということができます。正しい姿勢になることで、大腿骨や背骨、後頭骨が矯正されます。

すると、産後太りの原因である骨盤の歪みも、大腿骨や背骨との連動性によって、少しずつ正しい状態に戻り始めます。さらに、骨盤周辺にあり、骨盤を支える役目も果たす腹筋やお尻の筋肉、背骨なども鍛えられるため、この筋肉の力によって次第に歪みが矯正されていきます。

骨盤が矯正されることによって、むくみや脂肪によって太った体型や、下腹やウエストのくびれなどのお腹周りで気になる部分といった、産後に悩む体型の崩れを改善することができます。外見だけでなく、骨盤が矯正されることで、内臓の働きも正常になり、便秘の解消、代謝の活性化など体の内側から健康になれます。

産後ダイエットの基本
産後ダイエットの種類
産後ダイエット
骨盤の歪み
産後の体(体質変化)
産後太り
Copyright (C) 産後ダイエット 成功の秘訣 All Rights Reserved